敏腕税理士 富山さつきのブログ

2017年4月28日 金曜日

四月を振り返って

今日で四月も終わりです。
新人も無事一か月を終え、実務に入っていきます。
吉田より、「自分の評価」「会社の自分に対する評価」「お客様の自分に対する評価」の三つが必要だ。という言葉があり、まさしくそうだなと思いました。
私ができることは一人一人が自己評価で満足できるような体制、組織、しくみ作り。
これをしっかり作っていきたいと思いました。




記事URL

2017年4月26日 水曜日

経営計画

クイックの決算は3月ですが、遅ればせながらやっと今期の計画が固まりました。
昨年末から会社始まって以来の大ピンチに覆われ、あたふたとフォローすることばかりで大体の計画で止まっていました。
不思議なもので、決定するとこれをやらなければ会社として存続意義が問われる。という気持ちになれます。
長いこと目標という仕事の仕方をしたきたせいかもしれません。
今回は採用、人材教育、研修などに重きを置いた計画となりました。
役員の鈴木2人で考えた結果です。私がほとんど手直しすることなく納得いくものでした。
スタートダッシュが遅れましたが、今年も目標達成で進んでいきます。




記事URL

2017年4月24日 月曜日

想い

最近は社歌が人気があるらしいですね。
経営側の思いを伝えやすく働く側も会社の姿勢を見極める1つになっているようです。
仕事の内容やお給料も大事ですが1日の大半を過ごす場やそこで働いている人の様子を大切にする考えはいい傾向だと思います。中小企業でも、この会社がいいと言ってもらえるチャンスでもあります。
じゃあうちはどうなのか?改めて考えるとまだまだ帰りづらい傾向があるようです。人によっては税理士の試験を目標にしている人もいるのでもっと勉強しやすい環境を全員で認め歓迎できる職場を目指したいと思います。



記事URL

2017年4月21日 金曜日

個性と調和

早いもので4月ももう中旬。
来月はお休みが多い中、決算も多い5月。会計事務所にとっては厳しい月です。
新人向けの研修も一通り終わり所定の位置に座って仕事をするようになってきました。
教える側と教わる側、どちらも真剣です。
以前、テレビを何気に見ていたら宮大工の仕事が放映されていて、1人のベテラン大工の人がお話ししていたことが印象的でした。
「いろいろな木がある。まっすぐ大きく伸びた硬い木。細長く横に曲がった木。短く柔らかい木。どれもが個性であり無駄なものはない。それをどう調和させるが私たちの腕だ」
私には人を束ねる会社経営と同じ言葉にきこえました。
この会社で働きたいと思う人の個性を生かしどのように経営していくか?
ベテラン宮大工さんの言葉とその時の様々な形の木が素晴らしい建造物になっていく様子を忘れてはいけないと思っています。




立川市砂川町の桜です。


記事URL

2017年4月19日 水曜日

新潟のお客様に訪問してきました。
東京ではすっかり散ってしまった桜がまだ見頃を迎えていて、なんだか2回桜を鑑賞できてお得な気分ですね。
こちらには小林さんと一緒に訪問しているのですが、阿吽の呼吸というか何か言わなくても分かり合える部分があるのでとても仕事がやりやすいです。
そういえばクイックを立ち上げた時もこうやって2人でよく仕事をしたなあ。。。
その時も辛いこと、かなしいこと、悔しいこと、残念なこと。沢山あったはずなのに楽しかったことしか思い出せません。
何て人間とは便利な生き物なのでしょう。
よくよく思い返すと、強烈な出来事は心に残っています。でも、どう後悔しても過去は変えられません。その分未来で後悔のない生き方をしていくことですね。
無理なく流れに逆らわず、自分の心にこれでいいか?と尋ねながら。
そんな風に、毎年何もなかったように咲き誇る桜を見て感じました。



記事URL

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30