敏腕税理士 富山さつきのブログ

2018年5月30日 水曜日

経営理念の浸透

新事業や改革など進める時に思うように社内浸透せず諦めてしまうことも多いと思います。
なぜ、思うように進まないのか?
私も悩むところですが、偶然あるニュースを見てその理由がよくわかりました。
元 ジャパネット高田社長が就任して3億の累積赤字のV・ファーレン長崎がJ1昇格になった道のりです。
高田社長はサッカーのことはよくわからないけどとにかく応援に来てくれる人たちが楽しく幸せを感じてもらえる。そのことを大切に取り組んできたとのことです。売り上げを上げるとか利益とかではなくサッカーで幸せを感じてもらうこと。
最初は1人で志したことをどんどん共有してくれる人が増えていって浸透していった。
まさしく経営理念の浸透。

それが「いいね!」と思えることであること
経営者が志を変えず継続する。
そうすれば、必ず浸透していく。と、いうお手本のような話です。
ものすごく勇気をもらいました。




記事URL

2018年5月28日 月曜日

過去の一年、未来の一年


5月も終わろうとして、また一つ歳を重ねました。
一年振り返り私は何をやってきたのだろうかと考えます。
お客様のため、事務所のため、と思い走ってきましたが働く人たちの仕事がもっとしやすくなるために時間取らないといけないなと思いました。
この一年は、内部の業務効率に向けてみんなと頑張る年にしようと思います。


記事URL

2018年5月25日 金曜日

学ぶこと


今月は決算報告が多い月でもあります。
そんな中、改めて感じたことがありました。
その会社は出会った頃、赤字で借入返済も大変な状況。
ちょうど社長交代したばかりで数値のこともよくわからないということで前向きに説明を聞いてくれ、勉強されていました。
経理担当の方も新しく変わった社長の元で日々改善。周りの社員を巻き込み数値の必要性を説明していました。
その後年月が流れ利益もしっかり出しお金も確保している。
なぜ同じ会社がこんなに良くも悪くもなるのだろうか?
やはり経営者の考え方だなと思います。
全部の場面で社長が完璧でいられるわけもなく、例えば経理だったらそのポジションの人間をいかに成長させるか?やる気にさせ、信頼して任せ成功したら褒める。大きく見守る。これが経営者の器なんだなと改めて思いました。
いろいろな経営者の方にお会いできることがこの仕事の魅力でもあります。





記事URL

2018年5月23日 水曜日

感情のコントロール

私が行っているクイックの仕事は最近、会議支援が多くなってきました。
会議も参加するメンバーで進め方はかわります。
社長のみ。社長と親族。社長と第三者。親族のみ。第三者のみ。。。。
考えてみたらすごい数の組み合わせがありますね!
ただ、すべてに共通するのは「感情」です。
やはり自分の進めたい方向に感情が動きますから、そこをどうコントロールしてこの会議の時間を有効に進めるかだと思います。
人それぞれ感情は違うので口にするとまとまりがつかず、我慢するとストレスになる。
ではどうするか?やはり原点は会社をどうしたいのか?どこに向かっているのか?それはなぜか?基本理念に立ち返ることになります。
今は亡き社労士の馬場先生がおしゃっていました。私は会社を守る社労士です、と。
社員の立場を優先するわけでも社長の個人的な私利私欲でもなく会社がどうなりたいのか?会社のあるべき姿のために守る。まさにそれが私たちの仕事にも問われているのだと思います。


記事URL

2018年5月21日 月曜日

強い企業に

先週は若い経営者の方と話す機会が多かったです。
素晴らしいなと思えた事は、皆自分の業界の将来を少子化も含めこうなるだろうとリスクを予見していることです。
しかし、そのために今後どう動くか?具体的な戦略や行動計画ができていないので結局現状をがんばる!という状況なのかなとも思えました。
そんな時は将軍の日をお誘いし、しっかり将来をイメージして、進めていく方向性を考えてもらってます。
若い時から未来計画を考える習慣がつけば強い企業になるな!と思います。


記事URL

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31