HOME > 経営計画書の活用方法

経営計画書の活用方法

冨山さつきの一言のイメージ

交渉上手になるには

①会社の状況をきちんと説明できる資料が整っていること

1.営業キャッシュフローをプラスにする努力をしていること

2.経費削減をきちんと考えていること

3.今後の事業展開を説明できる根拠が明確であること

上記の3箇条がわかるような経営計画書を作成することがポイント


②進捗状況をまめに報告すること

金融機関との付き合いで大切なことは
今後のことを早めに相談できる体制を作っておくことです。
借りたら終わりではなく、そこから信頼関係を築くためにも、
毎月の試算表を提出、説明するなど
将来予測を常に報告しておく姿勢が必要です。

黒字会社コンシェルジェの富山さつき 中小企業専門の経営セミナーの講師へ、中期計画作成のご相談はこちら
今すぐクリック