HOME > 富山さつき物語

富山さつき物語

富山さつき物語

経営計画作成コンサルタント 【富山さつき】 年表

経営計画のアドバイザリー 富山さつきのインタビュー

なんといっても組織づくりです!


私自身、経営目標を立て戦略を練り実行して
売上を伸ばす努力をしてきました。
しかし、本当に多くの経営者のお役に立ちたいと思うなら
同感してくれる人材を採用し育てていかなければいけません。


人材の理想はお客様を担当している会計人がベスト。
私はそのイメージのもと税理士法人のメンバーで
経営計画と財務支援をしていこうと活動を開始しました。


しかし、現状の税務申告を適正に行うという業務に合わせ、
新事業として財務を支援してくということは至難の業でした。


そこでクイック・ワーカーで税務申告を行わずに
財務支援中心でできるメンバーを採用したのです。
また、できるだけ会計業界の常識に染まっていない人ということで
新卒や異業種からの中途採用を意識しました。


まだ完成はしていませんが、
問題にぶつかるたび「経営者の苦しみ」を実感し、
黒字化支援サービスに生かしていければと日々戦ってます!

冨山さつきインタビューのイメージ
冨山さつきインタビューのイメージ

目線の違いでしょうか。


私個人的には人と接することが苦手だし、
自分ひとりでできることをやりたいタイプです。
ですから従業員時代は「楽!」でした。
担当するお客様のことだけ考えてひたすら仕事をしていたのです。
あとは職場でまあそれなりに仲間とうまく過ごして。といった具合です。


その私が管理職となり経営者となり
そのたびに組織の人とかかわっていくと、
一人一人さまざまな問題をかかえている。


でも経営側としては全体で物事をみていかなければいけない。
それに加えてセミナー講師で自分自身をアピールしていく。
このHPもそうですけど(笑)「めんどくさいな~。」とか、
「なんで人が苦手な私がこんなことを。」と思うこともしばしばありますが、
それって経営者の苦しんでいるポイントをその都度体感できているんだ、
ということだと気づきました。


だからこそ経験を使ってできる支援がある。
これが私に与えられた役割なのだ、と思えるようになりました。


また社員からもセルフイメージの大切さという話がでて
本当にそのとおりだなと。
ですから私も「経営者としてのセルフイメージ」を
自分自身に言い聞かせています。

黒字会社コンシェルジェの富山さつき 中小企業専門の経営セミナーの講師へ、中期計画作成のご相談はこちら
今すぐクリック